Home

融合細胞治療は…

がん治療が新たな免疫治療時代に入った今日、選ばれる選択肢のひとつです

がん免疫療法のひとつです

融合細胞治療は、がん免疫療法です。がん細胞を特定できないNK細胞や活性化リンパ球などと違い、がん細胞を特定できるキラーT細胞(CTL)を教育します。一般の樹状細胞ワクチンより、多くのがんのターゲットを教育できるのが特徴です。

すべての固形がんが対象の治療法

胃がん、肺がん、大腸がんなどの患者さんが多いがんから、患者さんの少ない珍しい希少がんまで、すべての固形がんを対象に治療ができます。様々ながん種でのべ450名強の症例があり、一部は『症例』コーナーでご覧いただけます。

米国ハーバード大学発祥の治療法

ハーバード大学医学部ダナファーバー癌研究所発祥の治療法で、現在まで20年余も研究されてきました。米国発祥のNK細胞療法や活性化リンパ球療法、更にはペプチドワクチンや人工抗原の樹状細胞ワクチンを知り尽くした上でたどり着いた治療法なのです。

科学的エビデンスのある治療法

数多くの基礎研究論文を経て、乳がん、腎がん、グリオーマ、急性骨髄性白血病、多発性骨髄腫などで人に対する臨床研究が行われ海外の著名な科学雑誌に論文が掲載されて来た、エビデンスのある治療法です。

ステージ4からでも闘える治療法

ステージ4からでも、自分の免疫力を上手に引き出せれば、十分にがんと闘える可能性があることを、多くの方が体験してきています。早期の方はもちろん、手術後の予後治療や転移・再発の場合でも、是非前向きにご相談ください。

標準治療とも併用できる治療法

放射線治療との相性が良いだけでなく、ある種の抗がん剤治療との併用も効果的です。また、最近注目の抗PD-1免疫薬(オプジーボなど)との併用も可能です。融合細胞治療を受けられるところは、『提携医療機関』コーナーでご覧ください。

ページ上部へ戻る