【症例】すい臓がん | 融合細胞治療

【症例】すい臓がん

すい臓がん 症例1

膵体部癌 70代 女性

マーカー推移

融合細胞治療 すい臓がん 症例1

経過説明

2016/1月 膵臓癌(周囲の大きな血管に浸潤)
陽子線治療
抗癌剤治療:ゲムシタビン
融合細胞治療のクリニックを受診
4月 ワクチン1回目開始
陽子線治療の効果なかった
5月 ナノナイフ優先のため
ワクチン3回目投与で一旦中止
6月 ナノナイフ 10日間施行
7月 TS-1内服開始
8月 TS-1の副作用(下痢・手指の変色・顔色も黒くなった)
TS-1内服やめた
9月  転移なし
10月 ワクチン4回目から再開
11月 免疫を維持するためIL-12単独投与提案
TS-1内服再開
主治医に 「1年間元気で過ごせたことはすごいことです」と言われ、嬉しかった
12月 TS-1副作用のため一時中止
樹状細胞ワクチン投与(代替)
DCfワクチン1クール終了
2017/1月  CT
体調良好
2月 TS-1内服(~4月)
副作用のため中止
5月 CT:「1月のCTと比較して、不思議なことだが大きくなっていない」と言われた
7月 IL-12単独投与していて体調良かったので再開を希望
マーカー上昇しはじめる
9月 CT:変化なし
マーカー上昇するようなら抗癌剤の変更を提案される
11月 マーカー上昇止まり、抗癌剤治療せず
体重増加
12月 CT:原発巣・リンパ節転移の増大傾向
マーカー軽度上昇
主治医より抗癌剤治療を提案されたが、でも抗癌剤はやらない!
現在 現在は、IL-12の単独投与を継続中。

ご近所に膵臓癌の人が何人かいたが、皆亡くなってしまったが、自分だけ元気で生きていられる。

抗癌剤の副作用に悩まされながらも、色々な病院で相談を受け、ご自分で決めた治療にご家族の協力を受けながら頑張っていらっしゃいます。

  


 

すい臓がん 症例2

膵臓癌 63歳 男性 既往歴 30年前 胃スキルス癌 胃3分の2切除

マーカー推移

融合細胞治療 すい臓がん 症例2

経過説明

2014/2月 人間ドッグ エコーにて膵臓癌指摘
3月 手術
5月 免疫治療開始
抗癌剤治療と免疫治療の併用(ジェムザール)
6月 リンパ球減少のためワクチン投与困難となり、免疫治療中断

抗癌剤治療のみ継続

10月  抗癌剤治療終了
11月 5回目からの免疫治療再開

1クール終了
本人の希望により1クール追加

12月  CT:異常なし
現在 以後、年1回のワクチン投与

特に変わりなく経過中


 

すい臓がん 症例3

すい臓がん 70代男性

マーカー推移

融合細胞治療 すい臓がん 症例3

経過説明

2007: 糖尿病
2017/5月 腫瘍マーカー上昇
PET/CT:すい臓がんと診断
放射線治療
腹腔リンパ節転移の疑い主治医からは高齢のため、手術の必要なし
抗がん剤治療も勧めないと言われた
免疫治療を勧められた
7月 融合細胞ワクチン1回目開始
10月 1クール終了
11月 体調変わりなし
血糖値コントロール良好
1日1万歩
腫瘍マーカー正常範囲
12月 融合細胞ワクチン月1回間隔で投与
2018/2月~現在 10回目投与済

 

 

ページ上部へ戻る