【症例】肺がん | 融合細胞治療

【症例】肺がん

【症例】肺がん1

肺腺癌 ステージIV
リンパ節転移
転移性副腎腫瘍
転移性肺腫瘍
胸膜播種
臀筋転移

マーカー推移

経過推移

2014年 右上葉に結節あり、経過観察
2016/1月 PET/CTにて異常あり
気管支鏡にて腺癌と診断
3月 胸腔鏡下右上葉切除・リンパ節郭清術を受ける
5月 CTにて左副腎腫瘤・左下葉胸膜面結節
肺転移・胸膜播種の疑い
6月 PET/CTにて多発転移巣認める
抗癌剤拒否
他の免疫治療(NK細胞療法)を受ける
7月 CTにて肺に新たな病変3ヶ出現
8月 融合細胞ワクチン1回目開始
10月 1クール終了
手術後半年経過し、良くなっていると感じる
IL-12単独投与で経過した
2017/4月 融合細胞ワクチンと融合細胞ワクチンの間に、週1回のIL-12 単独投与で経過中
9月 CT:肺のがん組織は石灰化
副腎腫瘤も消失
2018/2月 ワクチン26回投与
大きな体調変化なく経過するNK細胞治療も継続

 

ページ上部へ戻る