【症例】胃がん | 融合細胞治療

【症例】胃がん

胃がん 症例1

胃癌 Ⅲb リンパ節転移

マーカー推移

経過推移

2016/12月 貧血・嘔吐・下血するも、症状改善したため放置
2017/4月 精密検査で、「胃がんの疑い」の診断
6月 大学病院で、胃・リンパ節摘出手術を受ける
7月 『融合細胞治療』の医療機関にて、初診
8月 TS-1内服開始
『融合細胞ワクチン』第1回目投与開始
9月 顔面麻痺痙攣の手術を受ける
10月 職場復帰
12月 ワクチン1クール(6回)終了
再発なく経過良好
2018/2月 7回目ワクチン投与

TS-1内服
再発なし

 

胃がん 症例2

胃癌 70代男性

マーカー推移

経過推移

2017/9月 内視鏡にて異常あり
生検の結果 腺癌との診断
10月 手術を前提に検査してきたが、免疫治療(融合細胞治療)の説明をきいてからにしたいとの希望あり
11月 無料相談
標準治療をせず、免疫治療のみで治したいとの希望が強い
12月 融合細胞ワクチン1回目開始
"免疫治療効果は個人差があり、即効性のあるものではないため、1クール中で何らかの症状が出た場合は主治医受診するよう説明"
ピロリ菌除菌未済
2018/2月 内視鏡:病変部は不変・縮小傾向
ピロリ菌除菌を実施
3月 1クール終了。
医師からは、「発病から半年間、転移もなく経過したことは免疫で抑えられてきたと判断したいが、今後は可能なうちに手術をして治してほしい」と説明を受ける。
医科研の紹介を受ける。
4月 抗癌剤治療開始
テニスの試合のため渡米
7月 手術を受ける

 

胃がん 症例3

胃癌 50代男性 腹膜播種

マーカー推移

経過推移

2015年 胃癌
手術
抗癌剤治療
2017/3月 腫瘍マーカー上昇
腹膜転移
抗癌剤継続中
5月 融合細胞ワクチン1回目開始
抗癌剤との併用に加えウオーキング・食事療法・などしている
10月 1クール終了
体調に変わりはない
12月 PET:異常なし
2018/1月 体調の変化ないが、腫瘍マーカーの上昇が不安
抗癌剤との併用しながらワクチン投与もしていく方針

 

ページ上部へ戻る